ヘアスタイリング中の熱によるダメージに注意

クリスタイルを販売したレンコンで2017年の1月に販売したN˚1トリートメントヘアオイルは熱からの保護に特化したヘアオイルでドライヤーやヘアアイロンの使用時に使えば、熱から保護し髪の状態はよくなります。日本のヘアスタイリング事情を反映するとヘアケア分野で熱からの保護は必要不可欠で、この問題提起はストレートアイロンやカールアイロンなどの熱起因のヘアダメージの発生率の増加と呼応しています。ヘアアイロンを使えば使うほどに髪が潤うことなどあり得るはずもないのですが、ヘアアイロンは短期的には多くの利点を生み出します。

ストレートアイロン

望みのヘアスタイルが簡単に作れ、熱でスタイリングしたばかりの髪は柔らかく、滑らかな手触りで輝きがあり、癖やうねりを伸ばし、魅力的な風合いを生み出せるからでしょう。しかし、まもなくして何も保護されていない髪は、これらの利点が切れた時に髪の毛がダウン傾向に陥ります。髪はバサバサ、脆くなり、始末に負えなくなることも。

このヘアアイロンプロセスによるダメージの状態は、一般の方にも認められつつあるようですが、まだまだ多くの人にとってヘアアイロンの利点はマイナス面を圧倒的に上回っており、これらの作用に対する責任は、ヘアケア製品やサロンサービスに求められるべき点であり、我々に委ねられていると考えています。まさに熱から保護、もしくはクリスタイルなどのスムージングトリートメントで毛髪の状態を改善してヘアアイロンの使用頻度や時間を減らさなくてはいけないのです。

熱によるヘアスタイリングは、一般的に水素結合を利用します。水が可逆剤となって、その除去に応じてヘアスタイルを一時的に固定するのにほぼ十分な内部構造を生み出します。理想上では、次のシャンプーなどで髪が濡れるまで保つはずですが、現実的には湿度によって髪は水分を吸ってしまい、作ったスタイルも徐々に崩れていきます。(特に多湿の暖かい時期はスタイリングが崩れるスピードも早いです。)

ストレート、カールアイロンはヘアスタイルを作るにあたり、水の沸点に達するか、やや上回るだけで済むと思われるかもしれませんが、カール、フラットアイロンは一般的にかなり高い温度に設定されていて200度以上にも達するものが存在します、それはなぜかというと温度とスタイリング効果(スピードとスタイル維持の強さ)は一致しているからです。

髪自体に到達する温度は−15度、230度付近で毛髪のαヘリックスタンパク構造の熱変性が起き、240度でタンパク質の分解が発生すると言われています。180度のヘアアイロンの場合、165度が毛髪内部に実際に浸透している温度となります。

熱によるヘアダメージの計測方法は、直接的なアプローチは髪の毛の引っ張ることである程度わかります。毛髪繊維の力学的な特性は複雑な内部構成の直接の結果であり、毛髪強度の低下はいずれも、この構造体の崩壊を示していることになります。ヘアアイロンの高温度によって、毛髪の強度は損なわれ、さらにこうした深刻な被害は、たとえ分解温度以下でも毛髪が一見よくまとまって見えても発生します。

毛髪構造の90%はタンパク質で10%は脂質成分で構成されます。また、脂質構造を構成する有機性低分子は分解・揮発温度がかなり低いので毛髪の脂質構造とその成分が低い温度でも影響を受けることは、タンパク質に影響がでなくても、理論づけできます。

切れ毛を研究するために繰り返し行うコーミング試験で、熱ダメージの大きな影響が観察できる。またホームケア、洗い流すコンディショナー等で髪に栄養を補給することで髪の強度を保つことが確認できます。

熱によるヘアスタイリングはとても高い温度を利用する時、それは毛髪の構造や性質に深刻な副作用をもたらす可能性があるにも関わらず、多くの人にとって、これらの製品によって生み出される短期的なメリットは熱によって生じる不安を上回り、頻繁に使用することがいまだに一般的です。そのため、このような処置をする間に髪を「守る」のを助けるヘアケア製品やサロンサービスが求められる。一般の人々は毛髪のダメージを評価できる技術的手段を持ち合わせていないので評価は、自分自身の観察組み合わせにより決定される。触感がよくないとか、切れ毛気味であるというのは、理解できる可能性が高いので、これらを発生症状を防止する能力が、一般の方の視点からの「保護」と見なされるでしょう。ヘアケア製品による毛髪を滑らかにする効果は、あらゆる形の損傷に起因する表面特徴の劣化を隠すことができ同時にクシ通りやブラッシングは向上するので、髪は一層まとまりやすくなります。これには切れ毛を少なくするという点においても、大きなメリットをもたらします。たとえ髪がだいぶ弱っている状態でも。

RENCON No.1 トリートメントオイル

アイロンなどの高温の熱は扱い方によって毛髪に非常に有害になり得ることを、技術的な証拠が示唆しています。それでも良好なヘアケア製品は髪に栄養を補給することで手触り感と切れ毛を最小限に抑え、髪の扱いやすさを残すことによって髪の特性を劣化するのを防ぎます。まずは基本のシャンプー、コンディショナーでヘアケアし髪を乾かすときは熱保護をするヘアオイル等をつけてからスタイリングしていきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shopping Cart