95%の人が間違える髪の毛を脅かす【抜け毛の原因になる】シャンプーの選び方

あなたはこう尋ねました。”シャンプーは髪にどのような影響を与えるのでしょうか?シャンプーは抜け毛の原因になりますか?自分に合ったシャンプーはどうやって選べばいいのでしょうか?”

今回はこの重大なテーマ、自分に合うシャンプーの選び方に関してお答えします。

髪の毛を洗ったり、梳かしたり、乾かしたりするときの間違ったやり方が、シャワーやタオル、櫛やヘアアクセサリーに髪の毛がまとまって落ちている原因になっているのです。この点を改善するだけで、髪の健康に大きな影響を与えることができます。

多くのヘアケア製品、特にシャンプーが市場に出回っている中で、多くの方が悩んでいるのが、正しいシャンプーの選び方です。自分が使っているシャンプーが正しいかどうか、どうやって判断するの?髪の悩みの原因はシャンプーにある?サルフェートフリーのシャンプーはどうなっているの?…. これらは、私たちに寄せられるシャンプーに関する多くの質問のほんの一部です。

今回は、シャンプーがどのように作用するのか、正しい使い方をしないと抜け毛の原因になってしまうのか、といったご質問にお答えします。また、いつものように、皆さんの身近な悩みにお答えするだけでなく、問題のない髪を保つためのおすすめの管理方法もご紹介します。

ここで、髪の専門家からの回答です。

あなたに合ったシャンプーは、あなたの髪質と頭皮の状態によって異なります。

頻繁にシャンプーをすると抜け毛が増えたり、髪の毛にダメージを与えるというのは迷信です。逆に、定期的なシャンプーは髪と頭皮の衛生のために必要なことなのです。ここで重要なのは、あなたがどんなシャンプーを使っているか?それは自分に合ったものなのか?

一方で、シャンプーを頻繁に変えるということもあります。さて、これが問題になることがあります。既製品のシャンプーを、成分も知らず、髪や頭皮の悩みの根本原因も確認せずに試すのは、あまり賢明ではありません。

どのシャンプーを、どのように使っているのか、それがあなたの疑問を解決する鍵になるのです。

まずは、なぜシャンプーが必要なのか、シャンプーが髪にどのような影響を与えるのか、どのような成分が含まれているのか、避けるべきなのかを理解しましょう。そして、ストレスによって引き起こされる症状とその対処法、そしていつものように便利なヒントをご紹介します。

なぜシャンプーをするのか?

シャンプーの主な目的は、髪と頭皮の表面に付着した汚れや余分な油分を取り除くことです。頭皮は古い角質や皮脂が溜まる場所。また、周囲の汚染物質は、日々の生活の中で髪の毛に付着しがちです。このように、シャンプーは個人の衛生状態を維持するための基本的な洗浄プロセスなのです。

このように、シャンプーはあなたの買い物リストに必要なアイテムですね。さて、どうやって買えばいいのでしょうか?現在の市場には、様々な「利点」「成分」「主張」を持つ多数のシャンプーが存在します。これが厄介なところです。成分を理解し、最低限避けなければならないことを理解していなければ、パッケージや広告に影響されて、間違った製品を手にしてしまう可能性が高いのです。その結果、髪の毛に負担がかかってしまうのです。

では、シャンプーに含まれる成分はどれほど重要なのでしょうか?何を探すべきか?避けるべきものは?

シャンプーの成分は、他のヘアケア製品と同様にとても重要です。そして、あなた自身の髪や頭皮の状態、この2つがシャンプーを選ぶ際のポイントになります。

一般的にシャンプーには、洗浄力を高めるための第一の界面活性剤と第二の界面活性剤、溶剤、粘度調整剤、特定のコンディショニング剤、pH調整剤、そして香りや色で区別するための必要のない成分が含まれています。

ここで気になるのは、この基本的な処方に、商業目的で化学物質が過剰に添加されていることです。配合が適切でないと、キューティクルにダメージを与えてしまいます。そして、シャンプーの際に有害な化学物質が内部に浸透してしまいます。これが髪のダメージとなり、特にすすぎが不十分な場合は頭皮にも影響を与えます。シャンプー剤が頭皮に残っていると、長期的には深刻な問題となります。

ラウレス硫酸ナトリウム、ジメチコン、パンテノール、クエン酸、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、ジンクピリチオン、コカミドプロピルベタインなどの特定のパラベンは、人気のあるシャンプーに含まれている成分の一部です。

美容製品、特にシャンプーに含まれる硫酸塩やパラベンの使用については、様々な議論があります。すべてのものがそうであるように、重要なのはその使用方法のバランス、使用方法、全体的な処方なのです。

硫酸塩とは?シャンプーの泡立ちを良くし、髪や頭皮の汚れを落とすのはこの成分です。汚れと水の両方を引き寄せる界面活性剤なのです。一般的に使用されているのは、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸アンモニウムの3種類です。ラウリル硫酸ナトリウムが最も強く、次いでラウレス硫酸ナトリウム、そしてラウレス硫酸アンモニウムとなります。

ラウレス硫酸ナトリウムは、前述したように、様々な割合や組み合わせで、シャンプーの処方に最もよく見られるものです。この化合物は、余分な油分や汚れを付着させ、すすぎの際に水で洗い流してしまいます。

硫酸塩は、適切な割合で適切な処方で使用されていれば、髪を傷めることなくその目的を果たすことができます。しかし、この配合が適切でなかったり、髪や頭皮の状態に合っていなかったりした場合に、髪の悩みが生じます。

重要なことは、硫酸塩は必要な成分であり、そのままの形で単独で使用されることはないということです。厳選された他の多くの成分と組み合わせて使用されているため、一概に有害とは言えないのです。

パラベンもよく話題になる成分です。パラベンは基本的に防腐剤です。製品内の微生物の繁殖を抑制し、保存性を確保することで知られています。硫酸塩と同じように、パラベンも適切な配合であれば害はありません。

むしろ、パラベンフリーの製品も結局は何らかしらの防腐剤が配合されていて、通常パラベンより防腐力が弱いものが多いため、余計に多くの量を含む必要があるので本末転倒です。万が一防腐剤フリーのものがあったらそれこそ、お風呂場は雑菌が繁殖しやすい場所なのでその製品はシャンプーとして化粧品として適していません。(雑菌だらけのシャンプーで髪は洗いたくないですよね?)

髪や頭皮の状態が特殊であったり、これらの成分にアレルギーがあったりして、特定のヘアケアを必要とする場合には、硫酸塩/パラベンフリーのシャンプーを使用するよう求められることがあります。

シャンプーは、髪や頭皮を効果的に洗浄し、髪の自然な潤いを損なうことなく、健康な状態を維持することが目的です。それがシャンプーの目的です。シャンプーの処方や成分は、この目的を果たすものでなければなりません。

すべてのシャンプーが抜け毛の原因になるのですか?

シャンプーとコンディショナーの相互作用は、キューティクルの最初の数層で起こります。キューティクルの損傷が激しく、コルテックスが露出している場合にのみコルテックスに影響が及びます。(この時、髪の毛はダメージを受けているのです。このような場合、シャンプーの研磨作用によって、髪の表面のケラチンや非ケラチン性構造が損傷します。このように、髪が健康で、適切なシャンプーを使用している場合は、その役割を果たし、心配する必要はありません。

では、「私の使っているシャンプーは間違っているのでしょうか」という疑問がわいてきます。どうすればわかるの?

それを知るには、以下のようなサインに注意してください。

髪の毛が乾燥しすぎている、または縮れている。

頭皮にニオイがある

頭皮にかゆみがある。

顕著なフケや剥がれがある。

頭皮はオイリーだが、他の部分は乾燥している。

髪の色がくすんでいる。

ヘアカラーの褪色が早い。

毎日シャンプーしなければならないと感じる。

ヘアスタイルを整えるのが大変だと感じる。

以前はクセ毛だったが、今はそうではない。

髪の毛が細くなってきたような気がする。

頭皮が露出している気がする。

シャワールームの床やクシに髪の毛がつくことが多くなった。

もし、あなたが健康であっても、これらの兆候に気づいたら、シャンプーのパッケージの細かい文字を読み直し、皮膚科医に相談してみましょう。

基本的に、髪や頭皮のトラブルに関しては、自分に合わないシャンプーは、新たな症状を引き起こしたり、既存の症状を悪化させたりする可能性があります。

先に述べた成分以外にも、自分の髪のタイプや毛穴の開き具合、頭皮の状態などを知ることは、正しいシャンプーを選ぶための重要なポイントです。結局のところ、髪のタイプによって必要なケアは異なるのです。

自分に合ったものを選ぶことが大切なのです。

以上のような話を聞くと、専門的すぎるのでは?

と思われるかもしれませんが、「自分の髪のタイプを知るには?自分の髪や頭皮の状態をどうやって読み取ればいいのか?自分に合ったシャンプーの処方を知るにはどうすればいいのか?シャンプーのパッケージに書かれているわけのわからない成分名も読めない!?

そんなときには、皮膚科医の力をお借りしましょう。

評判の良いクリニックに行ってみましょう。あなたの悩みや期待を率直に話し合い、疑問や不安を解消しましょう。あなたの髪に何が良いのか、プロの指導を受けてください。

ご質問やご意見がありましたら、コメントやチャットでいつでもご相談ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お買い物カゴ