トリートメント

【一般の方向け】トリートメントとは?

今回はトリートメントとは何なのかについて話していきます。

解説するのはヘアケアに特化したRENCONという会社を起業して今年で10年の杉原になります。

本日は以下の4つの内容で解説します。

  • その①:トリートメントとは?
  • その②:トリートメントのメリットデメリット
  • その③:どんな種類があるのか?
  • その④:サロンケアとホームケアどっちがいい?

 

これでなんとなくわかるようでわからなかったトリートメントが理解できます。

トリートメントとは?

トリートメントとはキューティクルを整え、滑らかな髪に保つ

髪の毛を保護だったり修復するものです。しばしリンスやコンディショナーと何が違う?とか混同しませんか。

一般的にトリートメントは内部補修でコンディショナーは補修しないとかで説明されるパターンがありますが、私もそれが正解と思ってました。

しかし化粧品の分類ではトリートメントとコンディショナーは明確に分かれてませんので、そこはあまり気にしないで大丈夫です。

コンディショナーでも内部補修するタイプはありますし。

結果的にこれらは使うと髪の毛は綺麗になる?
 
ここが大切かと思います。
 

結論 なります

ヘアケアで一番お手軽かつ、効果的なのがデイリーケアであるシャンプーとトリートメントです!

自分の髪での体験談

自分の髪でも実験したことがあるのですがトリートメントを毎日やった1ヶ月とそうでない1ヶ月は相当に手触りや痛み具合が違っていました。

いうまでもなくトリートメントを施した髪の毛は艶々でした。

トリートメントのメリット、デメリット

トリートメントのメリット

髪が綺麗になる

いうまでもなくですよね。

キャリアアップ

美髪から発するオーラでまず面接の印象がUP!さらに商談でもきちんと感が倍増しますし、周りの印象もいいので昇進間違いなしです。

モテる

これは断言できます。昔、彼女と映画館でデートしに行った時に

隣の女性の髪があまりに美しかったので3秒くらいフリーズした経験があります笑

キラキラしたものって動物的本能を刺激しませんか?

手軽にできる

シャンプー後にトリートメントつけて流すだけなので簡単です。

自信につながる

最強の美髪になったら肩で風きって表参道、恵比寿や銀座、六本木の街を歩きましょう

芸能界にスカウトされるかも知れません。

デメリット

時間がかかる

自宅のケアならまあ簡単ですけど時間は少なくとも5分はおいたほうがいいのでサロンケアなら行き帰りの時間や準備と合わせて2時間以上はかかりそうですね。

面倒

疲れている時とか特にトリートメントの手間ってちょっと億劫になるかもですね。

費用

まあ、ここはそうですね。トリートメントって成分の原価も結構高いので商品価格や

サロントリートメントでもまあまあのお値段はかかってきますよね。

どんな種類があるのか?

大きく分けてホームケアとサロンケアの2タイプ

自宅でのホームケア

洗い流さないトリートメント

シャンプー後タオルドライして髪につけるヘアオイルが代表格ですね。ものによっては熱保護効果もあってツヤが出たり、補修よりもツヤや滑らかを与えるのが得意です。

ヘアオイルの種類などをもっとくわしく知りたい方は後のリンクで説明しているのでよかったらご覧ください

 

ヘアオイル主な3種類は【あなたの髪のトラブル】を治します

洗い流すトリートメント

インバストリートメントは髪の内部に浸透させてダメージを補修する役割がメインです。なるべく時間をおいたほうが栄養成分が髪に行き渡ります。

裏技

ダメージしまくっている髪でなんとか自宅で復活させたい方に裏技の紹介です。

  • その①:タオルドライ後の髪にトリートメントを塗布
  • その②:ラップしてドライヤーで3分温める
  • その③:できるだけ長時間放置
  • その④:流す

ポイントは時間をとにかく置くこと。

それだけでトリートメントが数分おいた時と比べてめちゃめちゃサラサラになるのです。頑張って数時間チャレンジしてみてください。

サロンでのケア

髪質改善(酸熱トリートメント)

今話題、とても良いのですが新しい技術なので当たり外れも大きい分野です。興味があったら下の記事で詳細を知ってください。

髪質改善 とは?酸熱トリートメントなど主な5つの紹介と3つの注意

 

サロントリートメント

しっかり補修したい場合はサロンでのトリートメントがおすすめです。成分も本格的なものを使ってますし、機材とかも専用のものなのでディープな治療はヘアサロンを検討してみてください。

サロンケアとホームケアはどっちがいい?

ヘアサロンでのトリートメント

月1〜2回の間隔でやるのが理想ですがサロンに行ってカットやカラーをやる周期でトリートメントを追加するのが現実的でしょうか。

美髪目指すなら月一もありで、注意点はトリートメントの種類もたくさんあるので、ちゃんと髪が良くなっているか手触りやツヤなどで確認してくださいね!

家でのトリートメント

ヘアマスクは説明書き通りに行い、通常のトリートメントやコンディショナーはできればシャンプー毎に使います。

最後に

美しい髪は1日にならずです。美しい髪はさまざまなメリットをもたらしますので、あなたにあったトリートメントを見つけてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お買い物カゴ